デュオ・ケーナルパ in かぐや 弓張り月コンサート

2012年9月22日 - 16:00〜

2-20120922ケーナルパ表Web用

Duo QuenArpa
デュオ・ケーナルパ
★湯川れい子さんの賛辞
デュオ・ケーナルパ、
なかなか良い組み合わせですね。
運命的な出逢いでしょうか。
《広い河の岸辺》の日本語も本当に良いですね。
長く歌い継がれていくでしょう。
湯川れい子(音楽評論・作詞)

ジャンルの壁を越えて演奏してきたケーナ奏者・八木倫明
(やぎりんめい/作詞家やぎりん)と、
弾き語りアルパ奏者・池山由香(いけやまゆか)によって
2009年7月結成。アンデス地方先住民の縦笛ケーナ。
スペイン人が南米にもたらした竪琴を模して
先住民が生み育てた楽器アルパ(英語でハープ)。機能性をもとめて
複雑化していったヨーロッパの楽器に対し、最低限のシンプルさで
何百年も変わることなく続いてきたこの二つの楽器は、
同じ南米の楽器ながらめったに共演しない。
異文化の民族楽器と歌声が織りなす絶妙な、音と風の織物。
地球市民の民族音楽。新しい可能性を求め、地球の風、
平和の風を奏でるデュオ。
2011年2月TBSラジオ『大沢悠里のゆうゆうワイド』で生演奏。
2011年、北は被災地宮古市から西は松山市まで72回の演奏を行なう。
2012年1月NHKラジオ『絆うた』で《広い河の岸辺》がON AIR。
2012年7月26日、東京文化会館(上野)でコンサートを行なう。

前売り:3000円(当日500円増し)