古民家で聴くインド音楽 エスラジとタブラ

2014年7月26日

古民家で聴くインド音楽 エスラジとタブラ

古民家で聴くインド音楽
エスラジとタブラ

インドでも演奏者の少ない楽器、エスラジ。
ゆったりとやわらかい音に包まれて、しばし、別世界へ!
2014年7月26日
開場17:30 開演18:00
会費 : ¥1500(前売)¥2000(当日)

島田博樹:エスラジ

逆瀬川健治:タブラ

相馬 光:タンブーラ

三国 淳:バンドゥリア

島田博樹:エスラジ: エスラジ(東インドの擦弦楽器)を中村仁氏に師事。現在北インド古典音楽や即興演奏をするかたわら、日本音楽の研究、作曲を続ける。

逆瀬川健治:タブラ: 二橋潤一氏、パンディット・マハプルシュミシュラ氏、プラック・ダッタ氏に師事。北インド古典音楽をはじめ、ジャンルを超えた演奏活動を国内外で展開。レコード、CD、TVラジオ出演、教育機関での講演も行う。後進の指導も行う。2001年 初リーダーアルバム「にぎみたま」を発表。

相馬 光:タンブーラ

三国 淳:バンドゥリア